::脳内出血で倒れた父の介護日記です。::
カテゴリ2008年夏からの介護日記がいわゆる介護日記にです。
その下、2006年に倒れる前から2008年初頭から春の出来事までがこれまでの経緯です。
脳内出血って何だろう?介護ってどんな感じだろう?と気になられる方は
倒れる前からご覧いただくとイメージをつかんでいただけると思います。

2015年06月12日

類天疱瘡

超久々な記事になってしまいました。。
2015年1月2日以来ですね。

その後、父は類天疱瘡という皮膚病になるんですが、
お正月時点では赤い発疹がちょこちょこあるような感じで。

ただ、アンブロキソールという痰きりのお薬を年末に処方されたんですが、
その薬を飲んでから出だしたので、
以前、高血圧の薬であるディオバン錠でも発疹が出てたんですが、
そういうこともあって、いっとき辞めたんですね。

でも、発疹が良くならないとして、関係なかったのかな?と思い、
再度飲んでもらうと、どんどんひどくなって。。
1月中旬に皮膚科のある病院を受診したんですが、
すぐにわからず、中程度のステロイド外用薬で1週間様子を見ることに。

結局よくならず、そこの先生もおそらく類天疱瘡だけど、
この病院で皮膚生検が出来ないから、大きな病院を紹介するとなりました。

第二日赤の紹介状を書いてもらって1月下旬にいくと、
すぐに類天疱瘡ということになって、ステロイドの内服が始まるんですね。

そんな経過をNAVERまとめに書きました。
http://matome.naver.jp/odai/2142362983318452601
高齢者に増えている薬疹!?皮膚病 類天疱瘡(るいてんぽうそう)とは? - NAVER まとめ

類天疱瘡って?って方は、そちらをご覧ください。


このステロイドの内服がプレドニゾロン換算で1日30rから始まるんですが、
いろいろ副作用があるんですよね。
ムーンフェイスに野牛肩、中心性肥満に老人性紫斑、白内障…。
他には、関連が分からないですが、感染症になりやすいためか、
ウイルス性のイボや、歯根骨折なども。

そして今一番気になるのが、糖尿病。。
6月に入って、順調に治ってきてるとして
プレドニゾロンが1日10rになってるんですが、
HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)※糖尿の数値が6.5と正常値から外れました。

しばらくは様子を見ようということになっていますが、
副作用の経過によっては、食事制限も必要になるかと思うと、
特に最近、よく食べるので、機嫌が悪くなりそうで。。。


http://matome.naver.jp/odai/2143409095920361401
ステロイドの副作用ってどんなものがあるの? - NAVER まとめ

こちらもまとめを作りました。
ステロイドの副作用が気になる方はどうぞ。


72歳で脳内出血で倒れた父も現在81歳。
なんとか自宅介護でいろんな方の協力もあってやってこれましたが、
年齢を重ねるたびに、いろんな病気(去年から咳喘息も)が増えてしまい、
病院へ連れて行くことも多くなっちゃいました。

出来る限り、自宅で仲良く暮らせたらと思っていますが、
いろんな病気やステロイドの副作用をよく知って、
うまくいくよう対処していこうと常々思っているところです。

今のところ、なんとか元気に家中でリハビリもこなせるようになり、
父も元気に暮らしています。

それにしてもいろんな病気があるもんですよね。。
posted by fooca at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年以降の記録

2015年01月02日

箱根駅伝


Runner / mrhayata


あけましておめでとうございます。

滅多に更新しないブログですが、
2015年もどうぞよろしくお願いいたします。


この年末で、父は退院して丸8年が経ち、
自宅介護も9年目となりました。

両親ともに80代ととなり、話の食い違いなどは日常茶飯事で、
ちょっと焦ることもありますが、
家族で生活が出来ていることに、本当に感謝しています。



自宅でのリハビリは、今もほぼ同じレベルで毎日行っています。
ただ、年齢とともにしんどそうになってきているので、
無理せずに行きたいのですが、
今のところ、父の気持ちを尊重して、同じ量にしています。

お正月もいつも通り、リハビリをしているんですが、
そんな中、今日はかなり元気がありました。
同じ量なんですが、あまりしんどそうに見えなかったんですね。

おそらく、大好きな箱根駅伝を見ながらだったので、
気持ちに張りが出来たんだと思います。


いつも思うことですが、
スポーツされてる方の姿は、勇気や元気を分けてくれますよね。
されてる方の一生懸命な姿が、頑張る気持ちを分けてくれる。

私もブラバン出身なので、
つい先日、DCI(ドラムコーインターナショナル)という
アメリカの野外でのマーチングショーのコンテストの映像をみて、
元気をもらいました。


介護していると、一日一日にそれほど大きな変化はないんですが、
今日の父をみていると、ちょっとこちらの気持ちもほぐれる気がしました。

箱根駅伝で走られている大学生の方々に感謝です。


Main road / Ben Garrett
posted by fooca at 16:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 2013年以降の記録