2009年08月19日

わし、何でも出来る!?

新型インフルエンザ、流行ってますねぇ。
手洗いうがいは必須です。保存が利く食料も買っておかないと。。

さて、話は変わりまして、まだ、肋骨骨折したところが痛い?らしく
今日、父が自分でわき腹にシップを貼ろうとしていました。

そこで、その前に貼ってあったシップを見て、
「これ、お父さんが貼ったの?」って聞くと「そう。」って。

知らぬ間に、そんなことが出来るようになってたなんて。

でも、シップをはがせないようなので、私が今回、貼ってあげました。


しばらくして、母にそのことを言うと、母が
「昨日、私が貼ってあげたけど、今日は自分で出来たって言ったでしょ」って。


「えっ??」

昨日、母が貼ったのに、自分が貼ったと私に言い、
今日は私が貼ってあげたのに、母に自分が貼ったと言った父。


父が「ワシが貼ったと思ってた」みたいなことを言うので、
母と思わず笑ってしまいました。



以前にもありました。すごくポジティブな考えをした父が(笑)。
私がずっと車椅子を押してあちこちに連れて行ってあげてたことなんですが、
「わし、どこへでも歩いていける」って母に。
そう、私が車イスを押していることを忘れて、
自分で歩いたと思ってたんです。


「わし、何でも出来るで」

父は強しです(笑)


最近、聞き取りにくいんですが、ちょっと話せる?ようになってきた父。
なんとなく文章もすっと言えることがあります。いつもではありませんが。。
頭のつながりがいい日と悪い日があるのかな?


もう、かなり感染が拡大してしまっている新型インフルエンザ。

帰宅後の手洗いとうがい
そして、ビタミン豊富なバランスのいい食生活で体力低下しないように

皆様もお気をつけくださいませ。
posted by fooca at 15:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

2009年08月15日

ゆるり下り坂。お盆の準備とその他云々。

父が骨折してリハビリも少なくなって、書く内容も少なくなって(笑)
大変ご無沙汰いたしました。

父の肋骨骨折も完全に回復したようで
今では、階段の上り下りは以前同様、私の介助つきで出来るように戻りました。
ただ、歩くほうは疲れやすくなってしまったのか、
以前の半分くらいの距離で嫌がるようになっています。


話すリハビリは、父が嫌がるようになり、
履き捨てるように「またか」なんて言われたりして、
とうとう諦めることにしました。

母も「元のお父さんの悪いところだけ戻ってしまった」って言ってます(笑)。

会話の中では、相槌が以前よりかなり増えましたし、
相槌だけ聞いていたら普通に会話になっています。
以前だったら「そやな」程度が今は、
「ほんまにそやな。ワシもそう思う」くらいはいえます。

逆にそれだけ相槌が入れられるようになったから、
喜怒哀楽も出しやすいのかもしれません。

以前にも書きましたが、
大声で笑うということも倒れて約2年と8ヶ月ほどは出来てなかったように思うので。
(参照)退院後、もしかして初めてかも!?声を出して笑った父



話す練習は会話の流れの中に任せて、
嚥下機能の低下防止の歌うリハビリと
体力維持のための歩くリハビリだけすることにしました。

ゆるり下り坂。去年の秋ごろが一番体力があったように思います。
骨折がきっかけというよりか、
骨折につながる転倒をする前には弱ってきてたんですね。
(参照)最近、足腰弱ってきているように思う?「うん。」。

あまり無理せず、お互いに嫌な思いにならない程度に
ゆるりとした生活に替えることにしました。



去年の夏は確か北京オリンピックとかあって、
父もかなり楽しんでいたように思います。
オリンピック中継もひとつの良くなるきっかけだったと。
(参照)リハビリ中でしたが、北京オリンピックに釘付け

今年は梅雨明けも遅く、雨台風も来て、
最近になって、ようやく天気のいい日が続く夏らしい日になったように思います。

本当だったら、外で歩く練習をしたらいいんですが、
お盆の準備やら家用で車イスの外出ばかりになってしまいました。
もう、お寺さんも来られたので、ばたばたした日は終わりましたが。



去年は五山の送り火を外で見たのですが、今年は家でテレビでみます。
家のベランダからも大文字山が見えるのですが、父はベランダには出せないので。
去年は車椅子を押してご近所を回りながら大文字山を見てました。
(参照)久々に大文字の送り火を見ました。



今年は、お供えの和菓子をテレビを見ながら頂きます。ってまた和菓子。。


そういえば、もうすぐ選挙ですね。
選挙には歩いて投票所まで行けるようにって頑張ってましたけど、
今回もまったく無理そうで、車イス押して行って来ます(笑)

投票所に行くと、向こうの方が車イスを押すのを替わってくれるのですが、
電子投票なんです(笑)。
前回の選挙のとき、父がパニクってたの思い出してしまいました(笑)

投票を終えて、出口から見てると画面みながら
きょろきょろしてる様子がわかるんです。

今回は落ち着いて投票してね。お父さん。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

::8月30日追記::
あれ?電子投票じゃなかった。。今回は用紙に記述する方法でした。
相変わらず、父は連れて行かれ、他の方が車イスを押してくださって父はきょろきょろ。。
焦っていました(笑)
posted by fooca at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

2009年07月23日

雨音を聴きながらゆっくり大人な塗り絵生活!?

今日は久々に晴れなので、ゆっくりご近所をお散歩しました。
木々の間から涼やかな風も吹いて、心地良かったです。

フラストレーションが溜まっていた!?父も私もこれですっきり(笑)。


前回の記事続く雨の日と暑さとでフラストレーション上昇中!?熱中症にもご注意!
を書いた後、7月21日でこのブログは1周年になるので、
今まで書いた記事を見直してました。

そういえば!
最近、塗り絵を渡してなかった。。

塗り絵でもしてれば、父もきっとすっきりするかもって思い、
久々に大人の塗り絵を探しました。

以前は着物を着た女性の塗り絵が好きだったんですが、
(参照)嫌いな話すリハビリと好きな大人の塗り絵と
もう、塗ってない絵がないので、今回は風景画で。

今回は、ぬりえやさん大人の塗り絵リンク集から
JAFMATEさんのレトロを楽しむ、ぬりえにチャレンジ
歴史倶楽部さんのぬり絵クラブから渡しました。

レトロな塗り絵は「おっ、いいねぇ。」って声が出てました。
歴史倶楽部さんの織田信長さんや豊臣秀吉さんなどの
イラストの塗り絵には感心してました。

ちなみに今をときめく!?直江兼続さんのもありましたよ。


これで雨の日も安心!!



もうそろそろ梅雨も明けると思うので、
梅雨が明けたら、水筒を持って、またお散歩三昧かな。
でも暑いですねぇ。。

皆様も熱中症にはご注意を。
posted by fooca at 13:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年夏の介護日記

2009年07月19日

続く雨の日と暑さとでフラストレーション上昇中!?熱中症にもご注意!

祇園祭は終わりましたが、まだ梅雨は続きそうです。。

雨も大切なのですが、ずっと外出できない父は
ちょっとフラストレーションが溜まっているようで。



骨折した肋骨はあまり痛まないようですが
時々は触ってるので、痛いのかもしれません。
起き上がるときや咳き込んだときとか。。


様子見の歩くリハビリを続けてるんですが、
それにしても暑いですね。
この季節、家の中でも熱中症にご注意ですね。

また、クーラーが嫌いなものだから、暑くて暑くて(笑)。
それに、のどが渇くということがわかりにくいらしく
お茶がほしいというジェスチャーをしません。


こちらが気が付いたときに飲ませてあげるだけなのですが、
私は低血圧で、とにかく水分を取るように言われてるので、
ひっきりなしに!?お茶を飲んでるんですが、
同じペースでは父も飲めませんよね。



私も外出は、どうしても行かないといけない
お医者さんや買い物に行くぐらいなので、
爽やかな木々を見ながらのんびりしたいんですが(笑)。

骨折もあって、外出も出来ない父は、最近、完全にむすっとしてます。


早くすきっと晴れた日、来ないかなあ。
そしたら、お互いに気分も晴れるのにって。。


〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

このブログも書き始めてもうすぐ1年。
この1年を振り返ってみると
順調だった昨年秋と比べるとなんとなく、ん?って思うんですが、
それなりに、上手くやっていけたらって思ってます。

介護って長丁場だって思うんで。
posted by fooca at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

2009年07月17日

歩くリハビリをしながらの歌うリハビリ

リハビリの時間短縮方法を考えてしまいました(笑)。
歌うリハビリと歩くリハビリを同時進行にするんです!!

っで、やってみると、始めはうまく行き、
その後の話すリハビリをしても調子が良かったので、
この方法、いいかも!
って思ってましたが、
なんとなく足元がおぼつかない。。

肋骨を骨折してるので仕方ないのかもしれませんが、
やっぱり、リハビリ量が減ってるせいか、
足の筋力が落ちたように思います。


以前なら、もっと歩けたのに、もうしんどいみたいな雰囲気に。
しかも、歌付なので、頭も使って疲れた表情に。
ちょっと寝込んじゃったりするように。。




骨折が完治しても、弱った足腰を強化するのって大変そう。。
やっぱり、転倒は何が何でも避けないとだめでしたね。

介護と仕事と生活。
どれも大切で、時間の使い方がとても難しかったりしますが、
何事も前向きに頑張るしかないので。



今まで、生活面や金銭面はあまり書いてなかったように思いますが、
昨今の厳しさから、自暴自棄になる方もいらっしゃいますが、
自分だけが大変なんじゃなく、みんなも大変。
私も大変(笑)。


自暴自棄にならず、前向きにポジスタイルで参りましょ♪


(今回は連載形式になってます)
1.父の考えと裏腹な現状
2.自主性に任せた歩くリハビリと転倒、そして・・・
3.転倒、そして病院へ・・・骨折してましたかあ。
4.痛いところって後から出てくるんです。
5.歩くリハビリをしながらの歌うリハビリ


補)前向きにポジスタイルで参りましょ♪なんて書いてますが、
私自身、いつまでそう思えるか悩んでしまいそうな昨今の状況です。
夜も眠れず、精神安定剤に頼る日々。。
景気、とにかく良くなって!!
posted by fooca at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

痛いところって後から出てくるんです。

転倒、そして病院へ・・・骨折してましたかあ。からの続きです。

まあ、肋骨骨折だったけど、大事に至らなくて良かった。
って思ってましたが、
その夜、違うところが痛いって。


「何で病院で言わなかったの。そしたら、一回で済んだのに。」
ちょっと怒ってしまいましたが、そうも言ってられず、
翌日、また病院へ。

実際には、筋肉痛だったようで、助かりました。
年行くと痛いところって後から出てくるから、あまり強く言わないでって。



声は出るし、声を出しても痛くないということで、
歌うリハビリ再開。そこで、いろんな歌を楽しく歌って終わってました。

でも、久々に話すリハビリに切り替えると・・・
言葉がぜんぜん出てこない。
「お母たん」。何を聞いても「お母たん」
しかも、何か節が付いてるんです。歌いだしてしまう。


母とともに、「痴呆になったんちゃう?」。。。
という言葉に父がへこんでしまいました。


大きな声で歌うと、その後、聡明になるのか
以前はもう少し話せたりしたんですが、
何かちょっと本人も以前との違いを感じ出してるようで、
諦め顔になることもしばしば。

ずっと何とか上り調子でしたが、
残念ながら下り調子になってきたかもしれません。
決め付けることはないですし、
また、調子が上向くこともあると思うんですが、
とりあえず、いろんな状況を頭に描いておいたほうがいいかなあって。
posted by fooca at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

転倒、そして病院へ・・・骨折してましたかあ。

自主性に任せた歩くリハビリと転倒、そして・・・からの続きです。
転倒した翌朝もちょっと痛いというジェスチャーだったので、
やっぱり訪問医療の先生に連絡をとることにしました。

すると、万が一のこともあるので、
病院でレントゲンを撮ったほうがいいとのことで
手配してくださいました。


病院にいくと、とんとんと検査してくださいました。
ついでに、退院後一度も脳のCTスキャンを撮ってないことを言うと
一緒に検査してくださいました。
このことも気になってたんです(笑)。

レントゲン、心電図、CTスキャン。
脳のCTスキャンは脳内出血の跡は残っていますが、
問題はまったくないとのこと。
心電図は以前と同じ問題点だけ。
ただ、レントゲンで肋骨骨折が判明!!

わき腹痛いって言ってたからねぇ。
先生曰く、折れやすいところだからということなんですが、
しばらくは痛むよとのことで。。

2〜3日は無理しないようにということに。
3週間ほどで完治するということでした。


それから車イスを押して帰るとき、
段差が痛いって言うんです。それまで、何も言わなかったのに。。
確かに骨折って聞くと、それでさらに痛みを感じることもありますよね。



2日後、リハビリの先生がいらっしゃったとき、
先生に連絡がちゃんと行っていたので、
様子を見ながらリハビリされてましたが
大丈夫そうだということで、体を弱らせないように歩くリハビリ再開!
それまで歩くリハビリしてなかったというと、
「えらいお殿様してたんやなあ(笑)」って。

あの一言が良かった(笑)。
父の負けず嫌い根性に火をつけてくれました。

でも、歩くリハビリするときは、やっぱりずっと見てないとだめって。
当たり前ですが。。


父が歩いている最中に、洗い物を済ませ、
食事も一品くらい作ったりしてたんですが、これからは付っきりかあ。
当たり前ですが。。私が悪いんですが。

反省心はあっても、時間の有効活用の難しさを痛感。
そして、厳しい生活状態、
悪化を辿る私の売り上げに歯止めをかけることも難しそうです。
posted by fooca at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

自主性に任せた歩くリハビリと転倒、そして・・・

父の考えと裏腹な現状で書いたことからの続きです。

生活と介護は一体。
アフィリエイターをやりながら、リハビリを手伝い、
母と二人三脚で食事を作ったり、洗い物をしたりという生活の中で

効率化しないといろいろ成り立たないですよね。昨今。

洗い物をしているときに自主性におまかせして
歩くリハビリをしてもらっていたあるとき、

「ズドン!」

「えっ?」

ベッドの横で叫び続けている父がいました。
倒れた状態でもがき苦しみ、パニックになっています。


脳内出血で倒れたときのことを思い出すような光景。
声にならない声で叫び続けながらもがき続けてるんです。

「とにかく落ち着いて、リラックスして」
って声を掛けながら、体を起こそうとするんですが、硬直しきってました。
手を付けられない雰囲気。

「リラックスして」と声を掛けてもだめでした。
そこで、いつもの姿勢に戻れば落ち着くかもって思って、
抱きかかえて一気にベッドに戻して座らせました。

その瞬間、父は大きく息を吐いて「はあ〜」って言った後、
父は大声で笑ってました。



ちょっと一安心。
それから、痛いところを順番に聞きますが、大丈夫なようでした。
ただ、その日はリハビリをやめてゆっくりしてもらうことに。



その後の生活も別段、変わったことはなかったのですが、
夕食を食べる前に、ちょっとわき腹が痛いというようなことを言ってましたが、
たいしたことはないようにもジェスチャーしてます。

夕食後もテレビを見て笑ってましたが、
痛いって聞くと、少し痛いらしいジェスチャー。
明日になっても痛いようなら、
訪問医療の先生に電話するからということにしました。



以前、頂いたコメントの中に転倒だけは気をつけてくださいね。
って書いていただいていたにもかかわらず。。

厳しい現状と父の態度から、
つい、効率化を目指してしまい、大失敗です。。
(参照)父の考えと裏腹な現状
posted by fooca at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

父の考えと裏腹な現状

100年に1度の不況と呼ばれています現在。
介護のお話とは無関係に思われるかもしれませんが、生活と介護は一体なもの。

私は自分自身の体もいろいろ問題があって、
自由な時間にちびちびでもできるアフィリエイターをやっているんですが、
特に最近は厳しさを増してます。

以前、このブログにもとある自動の広告を貼ってましたが、
なぜか不正クリック(もちろん私はやってません1度も)があったとかで、
それまで貯まっていた報酬ともども没収されました。
それ自体が苦しいわけじゃないんですが、
やってるアフィリエイト全体で厳しさが増していて
正直、気が気じゃない状態だったんです。


いろいろと違った業種のご紹介も探ろうと、
父を誘って商店街にでも行こうかと思い、
そんな話をしました。

すると、景気が悪いということに対しても失笑するし、
私の所得がかなり落ちてきているので、
多方面から考えるために外出したいということにも失笑するんですね。

もともと、生活が苦しいということもあまりわかってない父は、
そういうことを言うとバカにするところがあって

昔と変わってないなって。

外出を中止し、さらに父の自主性におまかせすることにしました。
それがそもそもの失敗で。。(しばらくこの話は連載になります。)



父は病院嫌いで家にいたいという気持ちが強いんですね。
療養病棟が縮小となったときやリハビリ制限も
逆に父にとっては好都合だったんです。

その分、家族は苦しいですよね。本当は。

でも、父はそういうことをあまり考えない性格でした。

1割負担だって、私にとっては1ヶ月あたりで結構な金額になりますし、
最低限の利用という方向になってしまいます。

それがまた、父には好都合(笑)。


最近は、話すリハビリでわからなくなったら、「お母たん!」
って母に頼りっきり。それも甘えた声で。。

生活費で母といっつもため息ついてしまっていますが、
そんな家族と父と完全に裏腹な状態になってしまっています。。


(補)愚痴になってすいません。
実は、自主性に任せるリハビリによって父は転倒して骨折し、
そして、へこんでしまうんですが、
その失敗談を書くために
どうしても現状も添えたほうがいいかなって思って
苦しい生活環境も書いてみました。

ご気分を害されましたら、申し訳ありません。
posted by fooca at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記

2009年07月05日

梅雨の中休みにちょこちょこ外出

梅雨なので、雨降りが多くてなかなか外出できませんが、
雨も降ってもらわないと困りますしね。

車イスの方って雨の日はどうされてるんでしょう。。

どうしても外出しないといけない方は、
合羽を着て出られるんでしょうか。



父の場合、お散歩のために外出するだけなので、
雨の日は外出しないのですが。



さて、こちらはどちら!?



暑いと歩くリハビリも大変。ということで木陰を考えてここで練習。。



でも、この画像じゃぜん京都の方でもぜんわからないですよね。
では道路を挟んだ反対側の画像を。



おわかりになられたでしょうか。
案外、修学旅行で来られた方のほうがご存知かも。
晴明神社さん、晴明さんです。

晴明さんは堀川通りと今出川通りの交差点を少し下がった西側にあります。
その東側は堀川の木々の木陰になっているんですが、
堀川通りは車が多くて、空気はやっぱり悪いですよね。

リハビリの練習に暑くないところをって思ったのですが、
ずっと歩いてると排気ガスが体に悪いかも。

せっかく、木陰のいい道なんですが。



ちなみに晴明さんの少し北側には西陣織会館があり、
西陣織の工程などを見れます。
車いす用のトイレもあるんですが、
形がちょっと変則で、しかも照明が付かなかったので使っていません。

父も呉服の職人だったので、
倒れる前は体験工房でもやろかって言ってましたが。。
残念ながら、もう、まったく無理ですね。

京都にはいろんな伝統工芸の体験が出来るところがあります。
体験料金が必要なところもありますし、無料のところもありますので、
京都へ起こしの際はちょっと非日常を愉しまれても。

詳しくは京都伝統工芸体験工房協議会さんの
京都伝統工芸体験工房ガイド

ん!?このブログって介護体験記だった(笑)。


また、しばらく雨の日が続きそうですね。
家の中を歩くリハビリと歌うリハビリの日々に戻りそうです。



今回、フリー素材 かねしま印刷
かわいい車イスの素材を使わせていただきました。
福祉関連の素材もいろいろ置かれてますので、とてもうれしい限りです。
posted by fooca at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年夏の介護日記
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ