2009年02月19日

歌うリハビリと記憶するリハビリと細かく交互にすると…

ずっと記憶するリハビリを続けているんですが、
なにやら、変な法則がありそうって思うようになったんです。

何度か試しているうちに、やっぱりって。
題に書いちゃってるんですけど、
大声で歌った後、しばらくは記憶力がアップするみたい!



私の中で初めは勝手に思っていたのですが、
ずっと続けると覚えが悪くなってくるんです。
疲れたのかな?って思ってたんですが、歌うとまた出来たりする。

本人も歌うほうが好きってジェスチャーしますし、
リハビリもやりやすくなるので、
最近は、最初に大声で歌ってそれから他のリハビリに移ります。

また、調子が落ちてきたなって思ったら、
気分転換に歌います♪



歌も単に歌うだけじゃだめみたいって、
まだ私の中の思いですが、普通に歌うとたいしたことがなくても
大声で父が気分よく歌えると
なぜか、意識が聡明!?
になるのか、記憶力がアップするんです。

姉は、酸素が頭に回るのと違う?って。。
血流が良くなるとか。って。

そうかもしれないし、
心地良くなったから調子よくなるのかもしれないし。。
理由は良くわかりませんが、
最近のリハビリパターンは、歌って書いて、歌って記憶して、
歌って話して…を繰り返しています。




その聡明さが続くときは、母に教えてって
自ら夜もリハビリを続けることを志願しているみたいです(笑)。
今までそんなことなかったのに。

大声で歌うリハビリはちょっと良いかもしれませんね。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

姉が遊びに来たときに、父と一緒にベランダに出ると
「あ〜!」って小さく言いました。
姉が「叫んでみたいの?」って聞くと
笑いながら父がうなづきました。

大声出すとやっぱりすっきりするみたいです。
また、しゃべれない失語症は本当に辛いんでしょうね。。

一日も早くしゃべれるようになってほしいです。
ってつくづく思います。

2009年02月14日

言っているしりから問題を忘れる父の記憶力の練習

久々に計算のリハビリをと思って、13+18=とか言って
問題から書いてもらって計算してもらうのですが、
「はあ?」の連続。

いつもは、何度も繰り返して言ってあげてたのですが、
ちょっと記憶力が気になってテストしてみました。

私の思う結果は、2桁の数字は聞き取りにくい。
10代は大丈夫。20代から無理。いわゆる21とか22とか。
3桁は初めから忘れる。351なら、1だけが頭に残るようです。

言葉もそういうところがあって、

みかん リンゴ かき
バナナ すいか もも


たとえば、この中から「リンゴ」という文字を探してって言うと
「ご・ご…」ってごという言葉を捜そうとするときがあります。



まずいかなあ?認知症かなあ??
久しぶりにネットでいろいろ調べてみました。

いろんなことが書かれていましたが、
左脳の脳内出血で記憶力が著しく低下しているので、
右脳や使える左脳をフルに使ってもらって、
いいシナプス結合ができる可能性に賭けようかなって。
(参照)小脳モデルとシナプス結合
※シナプスは脳の中の神経細胞などの情報伝達をつかさどるもので
つながり方によって脳内の情報伝達の効率が変わるものと考えています。

前からそう思ってるのですが、
一時保存のような一瞬の記憶をする脳も、鍛えれば何とかなる!?

私が新たなリハビリをするときは、すべて父に説明します。
前から思っていたけど、記憶力が著しく悪いので
このままだったら、いわゆる痴呆になっちゃうかもしれないけど
頑張って私が考える記憶力を高めるリハビリをする?

それとも、余生は無理せず楽しく過ごす?
って聞くと、リハビリするって。

ということで、母とともに言葉や数字をいっぱい書いて記憶力の練習!


ややこしい3桁の数字を並べて、聞いた数字を指差してもらう練習。

351 361 371 381
315 316 317 318
513 613 713 813


こんなふうに並べます。そして、「315は?」って聞くと…。
5が残るんですね。それで結局、513とかを選んだりします。
場合によっては、鏡文字的になって見えてるかもしれません。
(参照)左手での書くリハビリでぶつかる鏡文字



また、以前書いた連想ゲームの紙から2つずつ言葉を言います。
(参照)言葉の理解力がちょっと悪いかも。ということで連想ゲーム

みかん リンゴ かき
バナナ すいか もも


なら、「すいか・かきを選んで」って言います。
後のほうは覚えやすいらしく、かきをさっと指差しますが、
その後で「はあ?」。すいかを忘れてます。


でも、ずっとやっていると、そのときは段々、頭の回転が良くなるのか
いつもよりも答えられるようになったり、

その後、いつもよりも悪くなったり(これは疲れてきているせいだと)。


頭は使えば使うほど鍛えられるって思っている私!?なので、
新たなシナプス結合目指してやっていこうかなって(笑)
(参照)私の他のブログミックス・ミックスより
頭で考えるとき、何が頭の中を駆け巡りますか

どんなツールを使ってでも、
「考える」ということが大切なんだって思っています(笑)
頭は普段から使わないと退化しますものね。

(参照)私の他のブログ経営シナプスの泉 〜アイデア経営のヒントより
目標の数値化で考える力が衰えてしまっていませんか


とにかく前進あるのみ!前向きにプラス思考で!!
(参照)私の他のブログいつもありがとうより
前向きにポジティブにプラス思考でやっていられることにありがとう
とは言いながら、休むときには休んでって書いてましたね(笑)

2009年02月11日

母と私を行ったり来たりの風邪と元気な父と

この冬は、母がお腹の風邪をひいて、私にうつって
両方とも治ったかなって思ったら、また母が風邪をひいて、
私にうつっての繰り返しに。。


母がひいて、家事を全部やると私も風邪をひくという悪循環。
そんな中、父だけは元気。
大変、ありがたいことなんですが、だから、リハビリをしたがって。


父に風邪をうつしては大変なので、
歌うリハビリはずっと取りやめです。
父の好きなリハビリは、歩くリハビリなんですが、
まったく勝手に歩いてもらえるほど、上手に歩けるわけじゃないので、
見てないといけないのですが、風邪でしんどいときはこれも辛い。。




母も父に嫌味の毎日。
「私の横で寝てて、ようそんなに元気やなあ。
お父さんだけや。元気なん」



話すリハビリは嫌いなので、すぐに歩きたいというジェスチャー。
私もへとへとで。。そこで、考えました。
私がお部屋で座ったまま、父と離れたところで出来る話すリハビリ。


テレビ   付ける
    を
ストーブ  消す


これだけを紙に書いて渡し、私は座ったまま、
遠くからリモコンでテレビを消したり付けたり。
そして、「今、私は何をした?」って聞きます。
話せない父は、「テ・テ・テ・テレビを・・・お母さん!」
またかあ。。

何かに付けて、お母さんという言葉だけが出てくるんですが、
わからなくなったら、私がトイレを指差しても「お母さん。」
時計を指差しても「お母さん。」

間違って「お母さんを消す」とか言わなくて良かった(笑)


何度かやっていると父がじれてきて歩きたいというジェスチャー。
そこで、

お茶    持って来て
   を
杖     持って行って


と書いた紙を渡して、話す練習。



「今、して欲しいことは?」って聞くと
杖 を 持って来て を指でなぞるのですが、言えません。

ちゃんと話して!って言って、練習。


お腹の風邪なので、母の好き嫌いもさらに増えて、食事の用意が。
「あれ嫌、これ嫌」。。。もはや、昔の父状態。
脂っこいものがだめなのはわかるのに、
「今晩はクリームシチューにしよか」って「お母さん!」
食べたいものだけ食べようとしているのが丸わかりすぎ。。


でも、父だけでも元気で本当に良かったと思う毎日です。

2009年02月08日

う〜ん。寒い。歩くリハビリと比叡おろし!?

天気もいいので、今日からお外で歩くリハビリ再開!!
ずっと、外に出ようと思ってたのですが、
父も鼻水出したりして、母に止められ続け、
ようやく、今日、外でリハビリすることになりました。

でも、一歩出ると。。寒い。。



一生懸命、歩く父に対して私はブルブル。
「お父さん、寒くないの?」って聞いても
「大丈夫」というジェスチャー。
こっちのほうが、ガクガクブルブル。。

それも、比叡山から吹き降ろす風が冷たい!!
もうじき春ですね。って言っても、寒いものは寒い。

お父さんも風邪ひいたら大変だし。
でも、ようやく出れた父は、まったく聞かず。
黙々と歩き続けます。

正直、今日は失敗でした。でも、元気に歩く父は偉い!


実は、歩く前に母と思いっきり一波乱。
「今日も寒いよ」という母に徹底抵抗した父!
「お母さんって!」強い口調ではっきりと。



母も唖然。
「あんた、ちゃんとしやべれるんやったら
今までは何やったん?」


そうなると父は「ニャーニャーニャーニャー」

やっぱり無理かあ。


歩くことについては、冬の間に家の中でしか歩けませんでしたが、
弱っているようではなく、ホッとしました。


早く、もっと暖かくなってくれないかなあなんて。

2009年02月01日

お酒と介護とお爺さんとお婆さん

酒と泪と男と女にかけてみました(笑)。

父は、日本酒が大好きだったんですね。
だから倒れた、というわけじゃないと思うのですが、
倒れるその日もかなり飲んでいました。

(参照)倒れる当日

だから、母は退院後もお酒を飲むことを許していません。
私は、リハビリ病院の先生から、退院時に
「少しぐらいなら、人生の楽しみだからいいよ。」
って
言われていたんですが。。



父は、現在、そこそこ元気になったので、
家の中はどこへでも歩くリハビリで行くんですね。
階段も登れます(私の介助つきで)。

だから、神棚のあるお部屋にも入ります。
そこには、お神酒が!!いつも、眺めています。



さらに、問題なのが、私も母も飲まないこと。
父が元気だったころは、
それは、お神酒に特選の一升瓶をたくさんお供えしていました。

それが、今では、母も私も飲まないから、
小さな瓶2本に。しかも、お下がりがあまってしまう。。
料理酒として使ってるんですが、どんどんあまって。

それも知っている父は、本当に欲しそうにします(笑)。


母が飲んでもいいよって言ってくれる日を待ってるんでしょうね。
私は、正直、この残っていくお神酒をどうするの?
って思っていたら、お供え期間がどんどん延びちゃって。。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

ちなみに、お正月のお屠蘇は飲んでるんですよ。

でも、あまり注いであげると母に叱られますが。
お屠蘇を目の前にしたときの父のうれしそうな顔には、
毎年、ちょっと笑ってしまいます。


(追記)
始めの倒れる当日から
読んでしまいました。
今、読んでもいろんなことが頭の中をぐるぐる回ります。
いろんな方のいろんなブログやサイトを見て、入院中の父を励ましていたこと。
だから、お礼の意味も込めてこういうブログを作ろうと思っても、
なかなか、心の整理がつかないですよね。

結局、倒れてから2年と2ヶ月が経過してから、書けました。
今の状態を目指して頑張って病院通いから退院後のための家の中の整理、
そして、介護の仕方やリハビリの仕方を病院で教わって
これまでやってきました。

でも、その最中には、やっぱり書けなかったと思います。
何か怖かったように思います。

時間が解決してくれる部分って本当にありますよね。

2009年01月28日

退院後、もしかして初めてかも!?声を出して笑った父

時々、暖かい日もあるので、最近は、車いすでお散歩しています。
母は「風邪をひいたら大変だから」と言いますが、
父は駄々っ子のように必死に抵抗!

私もちょっと心配ながら、
最近は、かなり体力もついて私や母よりも丈夫かも!?
って思うこともあるくらいなので、外出してます。



本当に外に出るのが大好きな父なんですが、
今日、ちょっとびっくりしたことがあったんです。

それは、題にも書きました声を出して笑ったこと。


最近は、大声で歌を歌って話すリハビリをやったりしていて
大きな声が出るときがあるのですが、
外出しようとしている母が
服のことでちょっとドジったんですね。

その姿を見て、父が大笑い!



母が「笑うことないやんか」って言ってましたが、
実は退院後、声を出して笑ったことがなかったんですね。
入院中もそうだと思います。


笑顔はあっても、笑った雰囲気はあっても声にはなってなかった。
それが、大声で笑っていました。

これまでも、声を出して笑ってくれないかなって思って
倒れる前には思いっきり大声で笑っていた「笑点」を
毎週つけてたんですが、ニマニマするだけでした。


脳内出血になって約2年と8ヶ月。
声を出して笑った父にちょっと喜び


〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

脳内出血で倒れてから、右半身不随に失語症、失行なんですが、
細かなことを書けば、
声を出して笑うことも出来なかった。

まだ、鼻をかんだり、うがいをしたりは出来ませんし、
50音もマ行などは超苦手。
しかも、「キャ、キュ、キョ」とか「リャ、リュ、リョ」など
複合的な発音はまったく真似できず
なんですが、
ちょっと希望の光が射したような。。

小さな子供でも何気なくやってしまうようなことも
出来ない部分があるんですね。
脳の仕組みって不思議です。

2009年01月22日

大きな声で歌うリハビリと失語症のその後の経過

前回の連想ゲームもやりつつ、
指でいろんな形を作って真似てもらうリハビリもやりつつ、
話すリハビリをやっているのですが、
どうしても、「あれは何?」って聞くと、間違えるのが嫌なのか
どんどん小さな声になっていってしまいます。


(参照)
言葉の理解力がちょっと悪いかも。ということで連想ゲーム
指の運動で脳の活性化!?


退院当初、家で歌の練習をやってリハビリを
やろうとしたことがあったのですが、
上手く歌えなかったりして、その後辞めていたのですが、

なんとなく上手く歌えそうな気がしたので
復活することにしました。


いろんな曲を探して一緒に歌います。
童謡ならなつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡さんで調べました。
歌謡曲は坂本九さんの曲が歌いやすそうだったので、
「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん 夜の星を」なんかの
歌詞を印刷して一緒に歌いました。
(坂本九さんの曲は直接曲名で検索して歌詞を見つけました)

ご近所迷惑ですが、かなりの大声で歌います(笑)
すると、一生懸命、父も大声で歌ってくれます。


もともとカラオケが好きだっただけのことはあって
音程も探りながらみたいですが、
ちゃんと取れてしっかり歌っています。




歌の練習をして思ったのですが、
かなり、声が出るようになって、ちょっと頭脳も明晰になるのか
今までよりかは、何かしらの文章がぽっと出てきたり

話すリハビリとしてぴったりって思ったのですが。。


問題はその後なんです。
最初の日はちょっと疲れたのか、めったに日中は寝ないのですが、
寝てしまいました。
翌日、同じように歌の練習をしたのですが、また、寝てしまいました。

「疲れたの?」って聞くと「いや}って言うのですが。

でも、3日目、とうとう疲れたみたいなことをジェスチャーでやりました。
歌うのは好きだけど、しんどい。。みたいな。



ちょっとやりすぎだったのかもしれません。
なんとなく、話せそうな雰囲気が出てきていたので、
こっちも調子に乗ってしまって。


何事も焦らずですよね。


母も言ってました。
リハビリで良くなる分と老化でどうしても悪くなる分があるから、
無理はだめって。

それに対して、父がちゃんとした言葉になってませんが、反論してました。
脳内出血で倒れる前、「わしは永遠に60歳のままや」って
言ってたので、そんなつもりなんだと思います。
今やいわゆる誇り高き!?高貴高齢者(後期高齢者)なんですが。。

でも、身体は正直。というか頭が疲れるみたいかもって思うのですが。
階段の練習や歩く練習でどれだけ疲れても、あまり横にならなかった父が
歌の練習で思いっきり寝込んでしまうとは。


外での歩くリハビリや車いすでのお散歩が大好きな父も
冬には勝てませんね。家の中を歩いてるだけじゃ、
せっかくよくなって来た足腰もまた弱ってしまいそう。

リハビリもマンネリ化してしまいますし。


春が待ち遠しい今日この頃です。

2009年01月16日

言葉の理解力がちょっと悪いかも。ということで連想ゲーム

失語症というのは、話せないし、
「わかってる」っていう意思表示があったりすると、
そうなのかなって思ったり。


でも、時々、いろんな話をしてみると、実はわかってないかも?
ということもよくあるんですね。


たとえば、話すリハビリをしているときに、
マフラーはどれ?って聞いたときに、枕を指したり、
これは聞き間違いかなって思ったんですけど、
電話はどれ?って聞いても枕を指してました。

ちょっと言葉の理解力が落ちているかもという不安から
話すリハビリどころじゃないので、
質問から連想して選択してもらう連想ゲームをやってみました。

単なる思い付きですが、コミュニケーションをとるために、
紙に6つほど関連の言葉を並べます。


たとえば、お菓子の名前を並べます。
「お饅頭、おせんべい、ケーキ、アイスクリーム、クッキー、羊羹」
というように。

話す練習じゃないので、こちらが連想したことを言います。
「お父さん、和菓子ってどんなの?」と聞くと
羊羹を指差しました。他にもあると思うけど?って
聞いてもピンときませんでした。
お饅頭は?って言うと、ふんふん。。
冷たい食べ物は?とか洋菓子は?とか聞いていきました。



他にもいろいろやってみます。
乗り物シリーズ
「飛行機、車、船、バイク、バス、電車」
そして、エアバスはどれ?とか、フェリーはどれ?とか

色シリーズ
「赤、青、黄、緑、白、黒」
トマトの色は?とか、海の色は?とか雪の色は?など

他には素材シリーズ
「鉄、アルミ、木、紙、プラスチック、繊維」


果物シリーズ
「桃、ぶどう、リンゴ、みかん、柿、バナナ」
岡山で有名なのは?とか青森で有名なのは?とか。
でも、リンゴって出ませんでした。
だいだい色の果物は?と聞くとみかんを指しました。
もうひとつあると思うけどって聞いてもわからず。
柿もだいだい色だと思うけど。って言うと、
「にゃーにゃーにゃーにゃー。。。。。」と始まってしまいました。
これは違う!!!!といっているみたいで。

母も理由がわからず。


お野菜シリーズでも
「大根、にんじん、ナス、ジャガイモ、きゅうり、トマト」
金時といえば?というとにんじんを指しました。
男爵といえば?と聞くとジャガイモを指しました。
そして、青首といえば?と聞くと出ません。
仕方ないので、青首大根って言うでしょ?っていうと
「にゃーにゃーにゃーにゃー。。。。。」

また、始まってしまいました。


母に「お父さんは青首大根って知らないの?」って聞くと
知っているに決まってるでしょって言われ。これも理由がわからず。

形容詞シリーズ
「甘い、からい、古い、新しい、暖かい、冷たい」
ラーメンは?暖かいを指しました。アイスクリームは?
冷たいを指しました。もうひとつない?って聞いて甘いを。
問題はここから。梅干は?って聞くと古いを指差し、
確かに古いかもねぇ。もうひとつない?と聞くと、甘いを指差しました。
いや、からいでしょ?って言うと
「にゃーにゃーにゃーにゃー。。。。。」

またまた、始まってしまいました。



電話番号シリーズも作りました。
「110、119、117、177」
救急車を呼ばないといけないときは?。。。。警察は?。。。。
これはかなり難しいようです。



いろいろ、頭を使って疲れたのか、
塗り絵を引っ張り出して、塗り始めてしまいました。

でも、書いた紙を後で見直しながら考えているようです。
これからはこの連想ゲームもいっぱい入れて行こうと思います。

2009年01月13日

かなり寒くなりましたね。3回目の真冬介護生活

去年は秋ごろから外で歩く練習をよくやっていたのですが、
もう、雪も降ったりと、寒すぎて外にも出れなくなってしまいました。

そこで、家の中を歩くリハビリと話すリハビリ、書くリハビリを
やっているのですが、それも段々とマンネリ化してしまい、時に険悪ムード。

季節がよければ、外出して機嫌も直るんですが。
そんな中で、以前はよく描いてもらっていたのですが、
また、気分転換に前回書いたように大人の塗り絵をやってもらっています。


話すリハビリでちょっと落ち込み気味だった父ですが、
声を出すだけのリハビリでちょっと元気も取り戻し、大声で話すように。

こちらもどんどん大声を張り上げて、
「あ〜〜〜、い〜〜〜、う〜〜〜…」ってやっています。
短く切って「あ・あ・い・い・う・う・…」とか、とにかく大声で。



大声作戦は良かったみたいです。なぜか、したり顔になってきました。
気持ちいいんだと思います。ご近所には迷惑かもしれませんが。。

ただ、声が小さくなっていくと、嚥下にも悪そうですから。

今年の冬場のリハビリは、大声でやっていこうかなって。


例年の真冬のお風呂は、本当に寒い日なら湯船に浸かってもらって
湯船の中で頭や身体を洗ってしまい、
最後にシャワーで流すというやり方もしてましたが、
(参照)冬のお風呂で思い出す退院後はじめてのお風呂

今年は、寒がってますが、元気なようで、洗い場の椅子に座ってもらった後、
シャワーを渡すだけで、自分で身体を温めています。

その間、私はさっさと父の頭と身体を洗ってしまうという流れです。

私はTシャツと短パンで入るので、
父に間違ってシャワーをかけられると寒いので要注意。



さっくりと、洗ったら、湯船に渡した台に移ってもらって、
麻痺足を引き上げて湯船に入れて立ってもらって、台をはずし、
背中と足を持ちながら、湯船にゆっくりとつけてあげます。

最近は、その後「ごゆっくり」って言って私は外に出ます。
その後で「もうそろそろ?」って聞くと「もうちょっと」って答えます。
自分でさらに沸かしたりもしているみたいで、
リラックスモードで楽しんでるみたいです。



あと、注意したいのが、インフルエンザや風邪。
退院した当初はすぐに風邪をひいて熱が出て大変でした。
昨年は風邪もなく助かりました。今年もそうあってほしいと願っています。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

介護生活3回目の冬、父も家族もかなり慣れた様に思います。

後遺症が完治するということはありませんが、
それぞれに自然な生活が出来るようになってきた、そんな気がします。

やっぱり、時間が解決してくれる部分ってありますよね。

2009年01月10日

嫌いな話すリハビリと好きな大人の塗り絵と

話すリハビリを何が何でもしようと思っているわけじゃないんですが。。
話せるようになってほしいという母の願いが強くて、
また、話すリハビリ中心となって、落ち込んでしまっている父。

緊張すればするほど、何を聞いても「お母さん」という言葉が返ってくる。
「お父さんのお名前は?」と聞いても「お・お・お母さん!!!」
ゴミ箱を指差して「あれは何?」と聞いても「お・お・お母さん!!!」



自信家の父も話すリハビリをすると本当に落ち込んでいるよう。
やっている私も「じゃあ、階段の上がり降りする?」と聞くんですが、
「話すリハビリしないと」という母にうなずく父。

夏場だったら、外出して気分転換を図るのですが、今は。。

でも結局、何を聞いても「お・お・お母さん!!!」
ちょっと詰まってしまっているなって感じたので、
久々に父の大好きな塗り絵をしてもらうことにしました。


母の早く話せるようになって私と話して欲しい!
という気持ちはわかるのですが、
なかなか、そうも行かないのが現実で。。


父は、もともと呉服の職人で、デザイン関連が得意だったんですね。
だから、塗り絵は大好き。それも和服の女性は大好きなようです。

前はよくやっていたのですが、最近はリハビリ中心になっていたので
久々に、父の大好きな大人の塗り絵をいっぱい印刷して渡しました。

父の好きな大人の塗り絵サイトから
和装の女性が好きな方にお勧めの塗り絵サイト様をここでご紹介します。


クレヨン則様のサイトから
歌麿のぬりえ〜美人画のぬりえ 歌川派の浮世絵のぬりえ 日本画のぬりえ
が大好きです。

また、大人の塗り絵 東芝けあコミュニティ様の着物の女性も大好きです。

すべて無料で公開されますので、本当に感謝しています。


今は没頭して塗り絵をしています。
また、自信を取り戻してくれればいいのですが。。
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ