2008年07月21日

はじめに

2006年5月に左脳の脳内出血で倒れた父の介護記録です。
倒れる直前のやり取りから脳内出血で入院していたときのこと、
そして、退院後のリハビリとコミュニケーションを中心とした記録です。

父の状態は左脳の中程度(と担当医の先生はおっしゃってました)の脳内出血で
右半身不随・失語症・失行がありますが、
現在、それなりに家族仲良く楽しく生活をしています。

父の現状(2008年7月現在)
右半身不随:麻痺足(右足)は動きは悪いですが4点杖で歩行可能です。
約30mくらいはリハビリで毎日歩きます。
しかし、右手はほぼ動きません。リハビリでこちらが動かして筋肉をほぐす程度なので
状況によって肩が亜脱臼になることがあります。
父いわく、どうやら右側はずっとしびれた状態ということのようです。
ずっと座っていたあとで横になるときは右足が曲がったままで痛そうにしています。
深呼吸をすると徐々に力が抜けて楽になるようです。

失語症:こちらの話はゆっくり話せばほぼ理解できています。
昔の記憶もちゃんとあるようです。ただ、しゃべっても他国の言葉を話してるようで理解できません。
一言二言なら、ちょっとした瞬間に普通に話すことがあります。
たとえば、リハビリで「あいうえお」をゆっくり一緒に言ってて、「う」が「お」になったりするんですが、
そんなとき「なんぎやなあ」とか「なんでやねん」とか、ぽろっと言葉が出ます(笑)。

失行(しっこう):日常生活の中での行為が憶えられないときがあります。
髭剃りのあて方を間違えたり(くしと勘違いして頭を剃りそうになったり)、
手を洗うときに頭を突っ込もうとしたり。

細かな内容は記録の中に詳細に書く予定です。


あくまで個人的な介護記録ですので、同じ脳内出血でも症状や後遺症も異なると思います。
参考程度で考えていただければ幸いです。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

このブログでは、コメントやトラックバックを受け付けますが、
昨今、スパムが多いようですので、
大変申し訳ありませんが、コメント、トラックバックとも
管理人の承認制にさせていただきました。
あらかじめご了承ください。
タグ:はじめに
posted by fooca at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに

管理人について

2006年5月に左脳の脳内出血で倒れた父を母とともに介護しています。

私はちょっと体が弱いので父が倒れる前からポジスタイル落ち着きのある風景など
インテリア系を中心としたアフィリエイトで生計を立てています。
父が倒れた後に判明したのですが、私も若年性肺気腫なので、
介護の合間を縫って休みながら出来るアフィリエイターがぴったりだったので。
こちらのブログを読んでいただいている方の中にも、私のサイトからご購入いただいたり、
興味を持ってみていただいた方もいらっしゃるかもしれません。ありがとうございます。

父が倒れたとき、脳内出血についてネットでいっぱい調べました。
そのときにいろんな方のブログなどを参考に、
救急救命病棟に入院していた父の耳元で励まし、安心してもらえるようにと。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

あれから2年が経ちました。
いろんな方々の情報を元に父を励まし、現在に至っていることに感謝しています。

その気持ちを健康スクエアというアフィリエイトショップでも
介護経験の話介護の失敗談としてお役に立てればと思っていましたが、
今回、今までの2年間を見直し、何かのお役に立てればと思い、
自分なりに記録をまとめることにしました。


※個人的な記録ですので、いろんな方の参考になるかどうかわかりません。
また、同じ脳内出血でも出血量や場所、処置などによってもまったく症状が異なると思います。
そういったやり方や考え方もあるのかな程度で参考にしていただけたら幸いです。
タグ:管理人
posted by fooca at 16:38| Comment(0) | TrackBack(1) | はじめに
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ