2012年09月13日

人の命と尊厳死

最近、尊厳死と言う言葉が独り歩きしているような気がします。
つい先日、尊厳死うんぬんを仰られた方がいらっしゃいましたが、
人の命と死というもののとらえ方について、書いてみたいと思います。

その前に、命とは何なのか。
そこが重要ですよね。

私は昔、大阪教育大付属池田小学校事件のときに衝撃を受けました。
その衝撃とはなんなのかずっと考えていました。

尊い小学生の命が奪われた痛ましい事件でした。
失われた命は帰ってこない。
犯罪を犯した人間(すでに死刑)は、死刑になりたくて…
そんな話でした。

尊い小学生の命はどういうものなのでしょう。
それはその小学生だけの命
その小学生のご両親も含めた命?
また、小学校の同級生や近隣の人々の気持ちも含めた命?
さらにはそのニュースを見たすべての人々の気持ちを変えさせる出来事?

小学校という大人になるための勉強や体作りをする
安全なはずの場所で起こった事件。

命の範囲は、小学生の命というだけでなく、
ご両親やご家族、小学校の人々、近隣の人々、ニュースを見た
多くの人々に大きな影響を与えた「命の殺害」だったんです。
…と私は思っています。

つまり、命とは、本人だけのものではなく、
少なくとも家族や関係のある人々も含めた尊いもの。


もちろん、本人の意思が尊重されるべきですが、
一方的に尊重されるべきものではありません。
そこには家族の思いもあれば、親しい人の思いもあるはずです。

尊厳死とは、いったいなんでしょう。

もちろん、もう話をできるような状態に戻れないかもしれない。
しかし、そこには本人とその家族との思いがある。

私の場合を書けば、
このブログでも最初に書いてるように、
父と仲が悪かった。しかし、仲の悪いままで終わりたくなかった。

仲が悪かったから、もういいやって思ったなら、
ぶっちゃけて書けば、もし救急車を呼ぶのを遅らせたら、
もし救急車を呼ぶときに、いろいろ言われたけど、
「魚みたいにぴょんぴょん跳ねてるんです!」と言わず、
「わかりました。明日にします。」と言っていれば…。
ということだってありえたはず。

人の命は人が決めるもんじゃない!!!!!

という気持ちがあったから、よぎった気持ちは瞬間に消え去りました。
そして、仲の悪いままで終わりたくない。に代わって。


尊厳死。もちろん本人の意思が大切です。
でもそれは、ちゃんと話し合いをしてぶっちゃけて話してから。
家族も納得してから。

家族のわがままではなく、
私はやっぱり人の命(寿命)は人(他人)が決めるもんじゃない!
と思っています。

私の場合、その後、父をずっと介護しています。
父はどう思ってるか失語なのではっきりとは聞けませんが。


命は、本人だけじゃなく、周りの人にも影響を与えるもの。
そして、死ねば取り返しがつかないもの。

自分一人の命じゃないということは、大切な考えじゃないでしょうか。

また、自分一人で成功したと思う人がいるなら、
よほど周りが見えてない人かもしれません。

産んでくれた母、育ててくれた家族や知人、
影響を与えてくれた友達、いろいろ教えてくれた先生や人々、
食事を作ってくれた母、食事の材料を売ってくれたお店の人々、
服や生活に必要なものを売ってくれた人々。

そして、それらを購入できるお金を稼いでくれた父。


もっともっといろんな人がいなければ、成り立たない。
だからこそ、人の命は、本人だけのものじゃない。

私は自殺した方の家族を何人も知っています。
(そういう方は今の時代、多いですよね)。

小学校の同級生のお兄さん、中学校の先輩のお姉さん、
近所の方、仕事上での方の妹。知り合いの双子の姉妹の姉。
残された方々がどのようになられたか、書けませんけど、
命はご本人だけのものじゃなく、周りをどん底に…。


もちろん、尊厳死というものを考えるのは自由です。
ただ、それは家族や親せき、知人にも影響を与える
その点だけは念頭に置いておいてほしいと勝手ながら思ってます。
(とことん納得しあってからという意味)
そういった状況は、思っている以上に多岐にわたるでしょう。
判断を結局、残った家族に委ねる。
その状況をしっかりと考えて話し合う必要があると私は思います。
(場合によっては後から考えたら自殺になったり、
他殺という気持ちも起こさせる要因になったりするかもしれません。)

あと残された家族は、他人(親戚を含む)に
「何でそうしたんだ?」などの中傷を受けることもあるという点も。


※なんとなくもやもやしてたので、記事にしました。
posted by fooca at 19:54| Comment(6) | TrackBack(0) | その他

2012年06月08日

大飯原発再稼働について考えてみた。

前から家族で話し合い、父と母、私の3人だけだし、
歩けなず、話せないお父さんとともに逃げるというのは難しそうなので、
もし、福井の原発に何かあっても、ここで暮らすと決めました。

食べ物も水もライフラインも止まったり、配達もしてもらえないかも。
なので食料品に困ると思っているので、少しは備蓄。
でも、何日、何か月持つんだろう??

節電のため、家はこまめに電気を消し、できるだけ電気を使わないようにしている。

大飯原発は安全、と関電も保安院も言うけど、
去年の出来事やマスコミの報道姿勢を見れば信頼感はゼロ。

再稼働、するんだろうなぁ。


そうそう、原発の下に断層があって
近くにある活断層と連動して動く可能性があるとの分析結果があっても
保安院は「断層の上にある地層は変形しておらず、活動性はない」と否定。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120608-OYT1T00293.htm

でも、あの斑目さんですら
最新の知見が出たなら、原子力安全・保安院で評価をしっかりやり直すべきと発言。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/35111.html

最低でもしてほしい放射能の漏れを止めるためのフィルターも…
大気など外部環境への放射性物質放出を食い止めるフィルター付きベントの設置を
最優先にすべきだと主張している。
原子力事故調査委員会の黒川清委員長は4月の公聴会で、
なぜこうしたベントの設置を再稼働の条件にしなかったのか理解できないと述べた。
関電は2016年まで大飯原発のベント設置を完了できない見通しだ。
http://jp.wsj.com/Japan/node_456230


もし、福島第一原発レベルの事故があった場合、
京都府内の京都市を含む8市2町で屋内退避が必要な被ばく線量に達するとの
放射性物質拡散予測が府の情報開示で明らかに。。
その記事は5月25日付でhttp://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120525000151
にあったんですが、削除されてました。早。

記憶では京都市はまともでした。長岡京市くらいまで行ってた気が。
でも、そうそうに記事消すんですね。


もしものときは逃げれないし逃げない。そういう約束を家族でしました。
悲しいかな、そんな時代なんですねぇ。


私は未来に放射能汚染された国を残すのは反対です。放射能のゴミと借金を未来に付け回すのは。





P.S.借金は残すのは反対ですが、消費税増税も反対です。
消費税増税ではなく、オランド大統領の政策がもっとも必要かと思っています。
情報BOX:オランド次期仏大統領の政策骨子
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84601S20120507
富裕層の課税強化。100万ユーロを超える年収には75%の課税を行い、
15万ユーロ以上の層には最高税率を45%とする。
国営企業の幹部の報酬について、最も賃金が低い人の20倍に制限するほか、
大統領給与の30%削減、最低賃金を経済成長に連動させることを約束。

リテール銀行業務と投資銀行業務の分離、金融取引税導入など、金融規制の強化を約束。
危険な金融商品禁止やストックオプションの禁止、ボーナス抑制、
欧州格付け機関の創設、
オフショアのタックス・ヘイブンでの銀行の活動禁止への支持を表明

私はさらに法人税の最下限を世界で決めるべきとも思っています。
http://keieiizumi.sblo.jp/article/25320153.html



※今回は介護とあまり関係がなく、すみません。。
posted by fooca at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2011年03月15日

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

東北地方太平洋沖地震および東日本大震災などにより
被災されました方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。
また、多数の方々がお亡くなりになられましたこと、
心よりお悔やみ申し上げます。


地震発生直後からずっと家族でテレビに釘付けになってしまいました。
在宅で父を介護している立場から、
同様の方々は避難所でどうすればいいのかとか
お薬や介護用品などはどうされてらっしゃるだろうとか
いろいろ考えたりして日々を過ごしてきました。

また、阪神淡路大震災の時のことを思い出しながら
家の中での防災について再チェックしたりもしていました。


被災地にご家族やご親類がいらっしゃる方々は
日々ご心痛のことと存じます。

Googleに安否情報がありましたので、こちらに貼らせて頂きました。





また、GoogleのPicasa ウェブ アルバムに避難者リストの写真投稿がありました。
https://picasaweb.google.com/tohoku.anpi


一刻も早い救助、そして復興がなされますことを切に願い、
心よりお祈り申し上げます。
posted by fooca at 00:10| Comment(4) | TrackBack(0) | その他
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ