2012年09月21日

正直、うれしい欲望が(笑)

ずっと、体力低下ばかりが目立ってた父。
前にも書きましたが、
杖なしでの歩くリハビリのおかげで
徐々に体力がついてきたのか(当初は大変つらそうでしたが…)
前回書いたように杖を突きながら敷居を跨いで歩けるように。

今度は大股で歩く癖がついてきたのか、力強さが。

年齢も年齢だし、介護しだして約6年、
後半3年くらいはずっと体力低下を気にしていた始末。
80歳くらいまで一緒に入れたらなぁっと実はしみじみ思ってました。

が!まさかの力強い歩く姿に、私の気持ちも一変しました!
こうなったら85歳や90歳まで頑張ってもらおうっと!!
なんかそんな欲望が(笑)。


so happy smiling cat / [puamelia]


もちろん、無理をしてけがをすると大変なので
何事も注意が必要ですけど、
正直言えば、諦めの気持ちだったのが、
まだまだ回復できる!と思えるようになったのが一番うれしいです。

ただ、これから秋、そして冬になっていくので
身体もかたくなりがちだし、怪我だけは注意しないとですけど。

上を目指せる!という気持ちが
なんか自分自身の気持ちにも跳ね返ってきてるみたいです(笑)。

うーん!やる気が湧いてきたぞ―――。
(私の仕事のほうも上向いてきてくれたらなー、っとこっちはまだしみじみ。。)


Flowers in his hair / ktylerconk
posted by fooca at 10:06| Comment(11) | TrackBack(0) | 2012年の介護日記
この記事へのコメント
こんばんわ。
良かったですね。本当に・・fooca様の力ですね。家族の力ですね。
 笑顔のニャンコ・・凄いです。
Posted by hotaka at 2012年09月22日 00:09
hotaka様
いつもコメントありがとうございます。

偶然、ネットで杖なし歩行がいいみたいなのを見つけて。
それまでは私的にそう思っていても、
父には大変そうだったから、無理しなかったんですが、
いいとなれば、もう少ししっかりとやってみようって思って。
すると、体力がついたのと、どうも頭の回転も変わってきたかもしれないようで、
いろんな変化が見て取れました。

次の敷居を跨ぐというのも、
母の一言でたまたまそうしたら、大股で歩けるようになってきたという流れで
すべては偶然だったんですね。

笑顔のにゃんこさんは、
http://www.nairegift.com/freephoto/
でsmile catで検索して見つけた画像なんです。

可愛いので、ついつい使ってしまいました(笑)。
Posted by fooca at 2012年09月22日 09:49
おはようございます。
9月ももう終わりに近づいてきましたね。朝夕は寒く一段となってきました。

 お互いにボチボチと頑張りましょう。最近、ツイッターを始めました。ダサ親父様のブログで拝見していたのをコメントをするべくに参加してみたら出来ました。https://twitter.com/tiroruhotaka
Posted by hotaka at 2012年09月27日 06:27
hotaka様
いつもコメントありがとうございます。

ツイッターされたんですね。
私の場合、すべてアフィリエイト用なのですが、
ツイッターはいろんな方との交流が出来ていいですよね。
Posted by fooca at 2012年09月27日 11:18
こんばんわ。笑顔のニャンコを見ると嬉しくなります。
 お昼過ぎに体調不良になりましたが・・内科も受診して回復です。
Posted by hotaka at 2012年10月03日 23:11
hotaka様いつもコメントありがとうございます。

思わずニンマリしてしまいますよね。

体調を壊されてたんですか。
お医者さんにもいかれて回復されたとのこと、
季節の変わり目ですしね、
お体ご自愛くださいませ。
Posted by fooca at 2012年10月04日 09:57
初めてコメントします。

私の父も6週間前に左脳梗塞で突然倒れました。

3時間以内には運ばれましたが、梗塞は開通せず、右半身不随、言語障害も顕著にあります。

倒れて間もないこと、このブログを見つけ、隅から読ませて頂きました。

父は62歳ですが、症状がよく似ているので他人事のようではありませんでした。

6週間を少し過ぎましたが、意識はしっかりしていて右半身不随ながらも体は動くのですが、意思疎通が難しいので本人も少し鬱症状が出て来ているような状態です。

この先、とても不安ですが、少しでも良くなれば・・・と奇跡を願い過ごしています。

これからも拝見させて頂きます。
長文失礼しました。
Posted by nori at 2012年10月06日 01:31
初めまして。
nori様コメントありがとうございます。

6週間ということは
そろそろリハビリ転院についての話になってきていらっしゃるのでしょうか。
私も父が倒れてしばらくは不安だらけでした。
私自身、不安が和らいだのは、リハビリ病院を退院する1か月前くらいだったかも。
ただ、そのころは今度は自宅に帰った後のことが心配でしたが。

私はそのころ、ずっと父にベッドサイドで話しかけてました。
どういう症状で、どういうことになっているのか、改善する場合はどうなればいいのかなどなどを語りかけてました。

最近、父が姉との電話でちょっといろんな単語がすらすら出たんですね。
そしたら、姉が「頭の中がつながりだしたんちゃう?」って言うと
父が「それを待ってるんや!」って。

昔私が話しかけた内容を覚えていて、シナプスの結合を待っているみたいな話を父がしたと
姉から聞いて私の話を覚えていてくれてるんだと。

もうかれこれ6年以上経ってますが(汗)、
そして父もあと2年で80歳というですが、
今もさらなる改善を待ってるというのもありがたいことでした。

諦められるとこっちもつらいですしね。

nori様のお父様は62歳ということでしたので、
私の父と違い、改善も早いと思います。
お若い分、さらにお父様は気持ちが落ち込むことがあるかもしれませんが、
何歳になっても少しずつでも改善していきますし、
是非、安心させてあげてくださいね。

父が病院に入院しているときに確かリハビリ制限が出来たと思うんですが、
(いわゆる最初に改善しないとあとはあまり改善の見込みがないという考えで)
私の父を見て思うのが、そんなことないよー。です(笑)。

単に社会保障費抑制のための理由づけに突っ込んでも仕方ないですが、
その考えが当時の私にさらに不安にさせてました。

私は私の父を見ながら、年を取っていても、
改善はしますよ。ゆっくりでも、着実に歩くほうも話すほうも。

リハビリはやめたらだめって心から思います。

私の父の話ばかり書いているブログなので、
お役にたつかどうかわかりませんが、またいらしてくださいね。
Posted by fooca at 2012年10月06日 09:51
ご丁寧なお返事ありがとうございます。
何度も返信を読みました。

はい、同じ病院の中に急性期と回復期が併設されているので先週に一旦同病院ないので回復期病棟に移動しました。

現在、次のリハビリセンターの受け入れ結果待ちのような状況です。

私が行けるのは休みが中心なので、本日も行ってきました。

今は嚥下テストも合格し、車椅子に乗せてもらうことだけすれば、自分でご飯を食べに決まった場所に行くのですが、他の大勢の人と同じ長机なので結構嫌そうです^^;

でもICUの時にはせめて食べることだけできれば・・・なんて思ってましたので、身内も欲が出て来ますw

最近は食事なのか、水分が思うように取れていないのか、お腹を痛がることが多く、時にはのたうち回るのですごく心配です。

はい、拝見していて6年もの月日のブログなので1つ1つの記事が明日の私にも励みになっています。

電話、すごいです。

今の父は何か言いたいことがありそうな時は目を見開いて「あーあー」「うーうー」言ってそれぞれの表情をしてくれるのですがやはり意思疎通はほとんど出来ません。

聴覚士さんとのリハビリに参加させてもらったことがありますが、そのときには母音を一緒に言うことは出来ていました。

こちらが話しかけることは聴覚士さんのアドバイス通り出来るだけ単語を強調して言っていますがだいたいのことは分かっていると思いますが、やはりそれをやりとり、となるとほとんど出来ないのが現状です。

聴覚士さんは、「まずは聞くことを訓練するのが大切です」とおっしゃっていましたので焦らないように考えていますが、何かを伝えようとしているときの父が伝わらないことを悟った瞬間の虚脱感の雰囲気が可愛そうでいつも寂しくなってしまいます。。

ありがとうございます。
本当に励みになるお言葉です。

制限は、症状によって5か月までか6ヶ月までか、ということだと思いました。

父の場合、先週月曜からすでに回復期扱いになってしまっているので、カウントが始まってしまいました。。

fooca様のコメント、記事を見て、まだまだ1ヶ月少ししか経っていない!と思うことが出来ます。

ココがなければ、やはり不安と絶望の中の日々だったと思います。

これからもよろしくお願いします。
※またまた長文で失礼致しました。
Posted by nori at 2012年10月08日 22:04
nori様コメントありがとうございます。
食事ができるようになられたということでよかったです。
腹痛は原因がわからないので心配ですね。

私の父の場合、一般病棟に移った後、病院内なら車いすでお出かけしてもいいとなって、
よく病院の屋上に行って、父と京都市内を眺めていました。
ベッドのお向かいにいらっしゃった方の娘さんがいろいろ病院内で観光!?できるところを教えてくださって(笑)。

私も最初の頃はとにかく生きてて!から始まって、手を握り返してくれる状態を経て、車いすで病院内を回ったりできるようになって…
徐々に次の欲望がわいてきてました(笑)。

nori様のお父様はお若いですし、私の父よりご回復は早いと思いますよ。
私の父が倒れてもう6年以上が経ってしまいましたが、今でも回復を続けてるのに感謝しています。

そうなんですよね。私ももう6年。
最初の頃、8年介護をされてる方からコメントいただいたときに、8年!って思ってましたが、
いつの間にやら私も6年。この12月で自宅介護が丸6年に。
それだけ生きててくれたというのもうれしい限りです。

最後になりましたが、nori様のお父様のさらなるご回復をお祈り申し上げます。
Posted by fooca at 2012年10月09日 10:39
nori様も・・共にボチボチと
頑張りましょう。
Posted by hotaka at 2012年10月21日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58405615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ