2012年09月12日

ぼろぼろになってきた敷居

家での介護をするようになってから、もうすぐ6年。
家中での歩くリハビリや車いすで
だんだん痛んできた敷居。

歩くリハビリの時、
どうしても歩幅が狭くなるので、
敷居を跨ぎきれず、踏んじゃうんですよね。
今までずっとそういう形で歩いてもらっていました。

でも、最近つとにぼろぼろになって、
ささくれがよくできるようになり、
ささくれを取り除いたり、やすりをかけたりしたんですが、
痛み過ぎて、すぐにささくれになっちゃう。

それで、敷居にテープでも貼ろうかと思ったんですが、
じじむさくなるし、テープがはがれるとネチャネチャになるしと
母と相談すると「あんたが、跨いだらええんやん!」と一言。

私が「前にちょっと練習したけど、あかんかってん」っと。

でもちょっと考えてみると、
最近の杖なしでの歩くリハビリのせいか、
杖を突いて歩くとき、父の歩幅が前より広くなってる気が。

それで、試しに父に杖を突きながら敷居を跨げるかやってもらうと…
できました!なんとか跨げました。
何度かやると、半数弱はかかとが少し乗っかることがあるんですが、
それでも、跨げる!

ということで、杖を持って敷居を跨いで歩くリハビリに。

敷居を跨いで歩くようになると、
自然と普段の歩幅がさらに広くなってきたようで、
父も調子良さそう。


Jabba Surprise / pepemczolz


去年くらいには、もう父もだんだん衰えていくのかなぁ…
なんて思ってましたけど、
いえいえ、今年の杖なしでの練習以降、
(杖なしの練習ははじめはかなりきつかったみたいで、
頻繁に筋肉痛になっていたみたいですが)
まだまだ、体力がついていきそうな雰囲気に。

頼もしい雰囲気が戻ってきて、本当に良かったです。

やっぱりできるだけ元気でいてもらいたいですしね。

このまま順調に
敷居を跨ぐ歩くリハビリが続いてくれたらと思っています。


※ちなみに使わせて頂いている画像は
 私の別ブログポジタリアン イエローでもご紹介させて頂いてるのですが、
 商用無料の写真検索さんという
 タグ付きでブログに載せるのに便利なサイトのもの。
 楽しい画像がいっぱいで重宝させて頂いています。


Sleeping puppy / JunCTionS
posted by fooca at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年の介護日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。
何事も、プラス思考は大切ですね。(^^)
家の父も、母はボケてしまう事を、心配していましたが、九九を思い出したり、抹消されていた人を思い出したり、、、と、良くなる事もあるようです。小さな幸せです。
怒りっぽかったり(父の感情なのだから、仕方がありません。)、困る事もありますが、自分の出来る事を、私なりにするしかないなァ〜と、思っています。
Posted by スマイル at 2012年09月15日 15:01
スマイル様、
いつもコメントありがとうございます。

すごくわかります。
私の母も同じように心配して、前に九九をやってみたんですが、
まさかの3の段の3×3くらいまでしか無理で。。

怒りっぽいというのも時々ありますよね(*^。^*)
父の気持ちもわからないではないですが、
ときどきは、こっちも怒ってしまってます(笑)。
Posted by fooca at 2012年09月15日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58187657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
大人のお洒落情報 0107 オシャレカタログ