2008年07月22日

命だけは大丈夫

その日はしんどくて早く寝てました。
夜の12時前、部屋の電話の子機から内線が鳴りました。
たった1回。

夢?じゃないよね。確かに鳴った気がする。
胸騒ぎ。とりあえず降りてみよう。

そして、両親の寝室に開けると。


呆然としている母の横に
大きく目を開いて上を見て、赤紫色の顔色になっている父が
ピチピチ魚が跳ねるかのようになってました。


その光景は2日前に夢で見た光景と同じでした。
その瞬間、「命だけは大丈夫」という声が聴こえた気がします。
気のせいかもしれないけれど。

その声で我に返って、「母にすぐ着替えて、私も着替えてくるから」と言って
着替えに自室に戻りました。

着替えて両親の寝室に戻って、すぐに119番。
「どうしましたか?」との問いかけに「父が倒れました。」
「どのような症状ですか?」と言われ、
救急車が必要な状況かどうかも聞かれた気がします。
じれったいので「意識なくピチピチ跳ねてます」と答えた。

それから数分後、救急車がやってきた。
大きな父はタンカに乗せられず、毛布ごと3人がかりで運ばれていきました。
そして、救急車の中で病院探し。
十数分、ずっと家の前だった気がします。
ようやく決まって第二日赤(京都第二赤十字病院)に向かいますと言われ、走り出す。

救急車はとてもクッションが悪くお尻が痛くなるほどでした。
後で知ったのですが、当時、丸太町通りは工事でガタガタだったので、その上を通ったみたいです。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

消防の方々に大変感謝しています。
そのときはすぐに病院へ運んでくれるものと思ってましたが、
時代が時代、搬送先が決まらないのはどこもいっしょのようですから。
また、救急車も用がなくても呼ばれることもあるとか。
だから、本当に必要の有無を聞かれたのかもしれません。

〜 ◇ 〜〜 ◇◎◇ 〜〜 ◇ 〜

母に後に私が降りるまでの様子を聞いたのですが、
はじめに父がトイレに行こうとしたらしく、
「起きられない、起きられない」とじたばたした声を聞いて母が起きたらしいです。
その後、下のバケツを持ってきて、寝たままトイレをさしてあげたあと、
内線の子機を鳴らし、トイレに捨ててきて戻ってきたところだったらしいです。
そのときには、父はピチピチお魚のように跳ねている状態になっていて
そこに私が来たらしいです。
posted by fooca at 20:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 救急救命病棟
この記事へのコメント
私の母(85歳)が脳内出血で二か月後に亡くなったので、興味深く読ませていただいております。
私の母は深夜に両膝を立てて、左右に倒したり、お尻を上下に布団の上に落としたりしているような音を出していました(私は半分寝ていて、隣の部屋の母を見られませんでした)。翌朝にビー玉一個の硬便がパットにあったので、いきんでいたかなと思っていました。そちら様のブログを見て、今は、母も意識なくピチピチ跳ねていたのかなと思ったりしています。
私の母の場合は、原因は高血圧でなく、アルツハイマー痴呆症の原因ともなるアミロイドというのが最終診断でした。私は、脳内出血で、ぴちぴち跳ねるというのは、読んだことも聞いたこともありませんが、そちら様は、先生などから聞かれたり、読んだりしたことがありますでしょうか?
いずれにせよ、母は亡くなっていますし、脳内出血は患者さんによって様々という話をよく聞きますので、このような質問をしてもどうかと思いますが、あえて投稿させていただきました。

PS母も寝る前は赤っぽい顔をしていましたので少し気にはなりましたが、その日は転倒骨折で、病院に行った日で、血圧も体温も高かったこともあり、スルーしてしまいました。
Posted by 角田啓太 at 2020年06月14日 12:02
初めまして。
コメントありがとうございます。

まずはじめに、お母様のご冥福をお祈りさせていただきます。

ぴちぴち跳ねていたという表現を
当時の脳外科の先生に話したかどうかは覚えていません。
当時調べたときに、そのような表現があった記憶はないです。

深夜に母に呼ばれて、部屋に入った時の印象です。
まさにまな板の上の魚のようでした。
飛び跳ねているわけではありませんが、
顔が赤黒く両目とも見開いて天井を向いて、
体が勝手に動くように素早いじたばたという感じでした。
おそらく、背中も時々そっくり返っていたように思います。

もう14年以上も前のことなので、うろ覚えになってしまいましたが。

それから14年も経ち、今も父(86歳)の介護と、
母(85歳、要介護1)の介助をしていますが、
ブログのことはすっかり忘れていました。

父は間質性肺炎で在宅酸素療法になり、
さらに、パーキンソン症候群も発症して、介護もなかなか難しくなっています。

全然、更新していないブログですみません。

今も脳内出血やお母様のことを想われて調べていらっしゃるんですね。
角田啓太さまもご自愛くださいませ。
Posted by fooca at 2020年06月14日 16:04
早速のお返事ありがとうございます。
すると、ぴちぴち跳ねるというのは、無意識の痙攣という感じですね。やはり私の母は、いきんでいたのかなと思います。
私の母は、在宅介護8年で、脳梗塞、転倒骨折、大腸がん、痴ほう、便秘などを乗り越えてきましたが、一度に複数の病気に襲われるとこちらもお手上げです。脳梗塞で3回入院したこともあり、血液サラサラを多めに服用していたことも、脳内出血の原因の一つかと思っています。
そちら様のご両親もご高齢ですので、水分補給、転倒防止に気を付けて、ご自身もご自愛ください。
ありがとうございました。
Posted by 角田啓太 at 2020年06月15日 22:36
ご返信ありがとうございます。

今年も暑そうですし、新型コロナもあります。
角田啓太さまもお気をつけて、
私の家もなんとか乗り越えていけるよう頑張ります。
Posted by fooca at 2020年06月16日 06:01
コメントを書く ※現在受け付けていません。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※コメントフォームはありますが、現在受け付けていません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17232460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック